前へ
次へ

インフルエンザウイルスの感染経路

インフルエンザという病気はインフルエンザウイルスによる感染症であります。
どのような感染経路で人間の体に侵入するのでしょうか。
それには二つの経路があるようです。
一つ目の感染経路は飛沫感染と称されています。
インフルエンザに感染しているが、例えば咳やくしゃみをすれば、それでウイルスを含む唾液が空気中に散乱するということになります。
その飛び散った飛沫を、別の人が吸い込めば、それでウイルスに感染するということです。
次に接触感染というのがあります。
これはウイルスに感染した人が、咳などを抑えるために、口を手で押さえたような場合に、手にウイルスが付着します。
その手を洗わないままで、他の人に接触すると、それでウイルスが感染するという仕組みです。
そればかりではありません。
これは、例えば、電車のつり革などでもウイルスが感染するということなので、十分な注意が必要です。
電車に乗る時には、冬場は特に、手袋を着用するのが、ウイルス対策となり得ます。

Page Top