前へ
次へ

インフルエンザを予防するための方法

インフルエンザに罹ると高熱にうなされることもありますので、できるだけインフルエンザが流行る前に予防をしておきたいものです。
まず有効的なのは、ワクチンの接種です。
ワクチンを接種したからと言って100%予防できるとまでは言えませんが、罹らない確率を上げることができます。
それに万が一インフルエンザに感染してもワクチンの接種しておけば重症化しなくて済みますので、ワクチンの接種は予防方法としては一番最適です。
ただワクチンは接種したらすぐに効果が出るわけではありません。
ワクチンを接種してから実際に効果が出るまで数週間程度かかります。
そのため、早めにワクチンの接種をしましょう。
次の予防方法としては、感染を予防するために毎日手洗いをすることです。
インフルエンザのウイルスが付着している他人の手やドアノブなどに触ってしまうとそのウイルスが自分自身の手に付着します。
その手を鼻や口に近づけることで感染します。
そこで鼻や口にそのウイルスが付着しないようにするためには手洗いが最適です。

Page Top