前へ
次へ

運動がインフルエンザに有効な理由

インフルエンザに強くなりたい時は、運動する方が良いと言われる事も多いです。
実際確かに、運動は一定の効果が期待できます。
運動した後には、爽やかな気持ちになる事もよくあります。
なぜ爽やかな感覚が生じるかというと、デトックスです。
運動をすると汗をかきます。
汗には、体の中の余分な物を出してくれる働きがあります。
老廃物なども外に出してくれる訳ですが、それは体の免疫力にも関わってきます。
体の中に多くの老廃物があると、どうしても免疫力が弱くなってしまいます。
ですが運動をすれば、その老廃物を減らす事ができますから、自然と免疫力も高められやすい訳です。
また運動は、そもそも基礎体力を高めてくれる効果もあります。
体力が高められると、自然と免疫力が強くなりますから、インフルエンザになりづらくなる訳です。
ですから運動するのは有効ですが、過度に体を動かすのも禁物です。
過剰な運動はかえって体に良くありませんし、適度に運動するよう心がけると良いでしょう。

Page Top