前へ
次へ

インフルエンザ予防は少しの学習と慣れが必要

インフルエンザの感染経路は主に顔周りからです。
目からもたまに感染しますがさほど気にする必要もありません。
基本的にマスクを着用して、頻繁に交換するよう心掛け、うがい手洗いを徹底することが大切になってきます。
うがいの方法としては、口の中をまずざっと綺麗にしてから、のどをあらうことが大切になってきます。
口の中を綺麗にせずに、のどのうがいをしても、インフルエンザウイルスが口の中に残っている可能性も否定できませんから、注意が必要です。
歯磨きをしてからうがいをする、という手段も素晴らしいです。
また、水分をこまめに摂取することも大切で、乾燥に注意するとさらに予防が期待できます。
また、電車などで、壁などを触った手で、目を直接こすると感染することも否定できませんが、目からの感染の場合は、結膜炎等のほうがリスクがありますから、さほど影響はありません。
基本的に、顔や目の周りを日ごろから触らないように注意することは、意外とストレスがかかることかもしれませんが、顔にかかる髪の毛等をしっかりと結んでおくと、顔面を手で触ってしまうリスクが予防できる可能性が高い、といえます。

Page Top